近年急増しているスマホ老眼|症状を徹底調査

  1. ホーム
  2. 若い人にも目の老化

若い人にも目の老化

眼鏡

長時間の使用が悪影響

老眼といえば中年期から始まる目の老化現象のことです。老眼になることで、近くのものがだんだん見えづらくなり、新聞などの文字を見るとき目から距離を遠くしないとピントが合わなくなります。老眼は老化なのである程度仕方のないことですが、若年層に老眼が広がっていて今それが問題となっているのです。いわゆるスマホ老眼というもので、最近の若い人たちは長時間スマホを使っているのでピント調節がうまく働かなくなっているのです。スマホ老眼の原因は長時間のスマホやパソコンを利用することにより毛様体筋や虹彩筋に大きな負担がかかっているからです。近くのものを長時間見たり強い光を見続けていることがこれらに負担をかけていて、休憩時間など対策をとることが必要になります。スマホ老眼を改善する方法には具体的な対策はあるのですが長時間使わないことを基本におかないと効果は出ないです。それを基本として次に行うことは、近くで見る物体や文字などのピント調節を改善することです。ピント調整は、遠くのものや近くのものを繰り返し見るという方法で改善することができます。例えば、簡単にできるものとして人差し指を目から遠ざけたり近づけたりを繰り返すとよいでしょう。また、サプリメントでは目の栄養を補う成分やピント調節改善ができるものがあり、アントシアニンやルテインが効果的で目の休憩、運動、栄養補給の順番で考えることです。スマホ老眼の初期症状では目の充血、ドライアイ、夕方になると文字が見えづらくなることがあるので早めに対策をしておきましょう。