近年急増しているスマホ老眼|症状を徹底調査

  1. ホーム
  2. 適度な眼の休養が基本

適度な眼の休養が基本

目元

眼の疲れが根本的な問題

本来の老眼は誰にでも起こる症状なのですが、多くの発症年齢は40代くらいからというのが一般的な考え方になっています。ところが、近年ではスマホやパソコンなどの利用時間が多くなった事から、10代や20代の人でも夕方以降になると、老眼と同じような症状が現れる事から、スマホ老眼や夕方老眼などという言葉も用いられるようになってきました。主な原因は、スマホやパソコンを日中過度に使用する事で、夕方くらいになると、目のピントを合わせる力が著しく低下をしてしまいます。よって、老眼と同じような症状が発症してしまいます。スマホ老眼の人の特徴として、仕事や勉強などでパソコンを利用する事は仕方がないのかもしれませんが、休憩時間に本来休めなければいけない目をスマホなどの利用で酷使している傾向があります。この特徴を改善する事で、スマホ老眼の症状を抑える事が可能になります。一般的な予防方法は、パソコンやスマホを長時間使用した場合には、できるだけ定期的に目の休養をする事が最も重要になりますし、遠くを見て目のピント調整の緊張を和らげる事も簡単にできる予防策になります。日頃からの改善策として、目に良いとされる食事やサプリメントを利用する事も悪くはないと思いますし、規則正しい生活によって血流などを改善していく事も目の健康には必要な事になります。また、疲れ目がひどくならない状態のうちに定期的に目薬を利用して、目の負担をできる範囲で軽減する事も必要です。