近年急増しているスマホ老眼|症状を徹底調査

スマホ

原因と改善方法

スマホ老眼を改善するには、凝り固まった毛様体筋をほぐし、血行を良くするのが効果的です。中指と薬指で目の周りをマッサージし、スマホを使っている間も意識的にまばたきをするようにしましょう。ビタミンが多く含まれた目薬を使う事で、疲れ目を防ぎ、老眼を予防する事ができます。

若者の目に増えている現象

目元を触る女性

健康な目を保つために

老眼と聞くと高齢者だけの現象だと思っていませんか。実は近年スマホやパソコンの普及に伴いスマホ老眼、別名若年性老眼と言われる老人性老眼のような症状に悩まされる若者が増えてきています。人間の機能として目の毛様体筋と呼ばれる筋肉が水晶体を変えることによってピントを調節しています。遠くを見る時は毛様体筋が緩むことで水晶体が薄くなり、近くを見る時は毛様体筋が収縮して水晶体が厚くなります。しかしスマホを長時間使用し画面を同じ焦点で凝視し続けることによってそれらの機能が悪くなり老人性老眼に似た近くのものが見づらくなったり文字がぼやけて見えにくくなったり、目がショボショボしたり疲れやすくなったりする症状が起こります。またスマホやパソコンのディスプレイが発するブルーライトも目に当て続けると光を調節する筋肉の収縮が続くため元の状態に戻りにくくなり薄暗い場所で光が十分に入りづらく物が見えにくくなります。スマホ老眼は一時的な症状だと言われていますが、放置していると悪化する場合があるので日頃から意識的に予防対策をして目を保護した方がいいでしょう。スマホ老眼の予防対策としては、まずスマホやパソコンの長時間使用をなるべく避け使用中は時々休憩をとり目を休めたり、眼球を動かしたりして目の運動をしたりしましょう。蒸しタオルで目を暖めて血流を良くしたりバランスのとれた目によい食事を心がけてみましょう。またルテインやブルーベリーなどの市販のサプリメントをうまく利用するのもいいですね。

目元

適度な眼の休養が基本

本来の老眼と似たような症状が夕方になると出る状態の事をスマホ老眼や夕方老眼といいます。これらの原因はパソコンやスマホの使い方や目への負担のかけ方が問題になるのですが、その対策と予防方法を意識する事で、対応は充分に可能だといえます。

眼鏡

若い人にも目の老化

老眼といえば中高年の人が新聞などを遠ざけて見ている状態を思い浮かべます。しかし今問題となっているのは若年層に広がっているスマホ老眼です。原因はスマホやパソコンの長時間の使用です。こまめに休憩を入れることで改善できます。